新しいワークスタイル


ワークスタイル変革


HDEでは、クラウドセキュリティソリューションHDE Oneを導入していただくことで、お客様にセキュアで新しい働き方を提供しています。また、最先端のITテクノロジーを活用することで、従来の働き方にとらわれないワークスタイル変革が実現できると考えています。

そして、このようなITテクノロジー活用における変革を加速させるには、製品を作りマーケットへ提供するだけでなく、他の誰でもない私たちが、率先してワークスタイル変革を体現化することで、世の中を変えていきたいと思っています。

例えば、ロケーションフリーで仕事をすること。
マネージャーが意図的に「週1日"会社に来ない日"」を作り、そこから見えてきた課題と打ち手を探ったり、高いプロフェッショナビリティを持つワーキングマザーには、「フルタイム在宅」と育児の両立にチャレンジしてもらったり。現場に協力や連携をしてもらいながら、日々、変革プロセスで発生する要素の検証をし、新しい働き方の在り方を模索しています。

例えば、時間にとらわれず仕事をすること。
ITツールを駆使し、「隙間時間」を活用すれば、時間に制約がある人財も十分に活躍できると考えています。そこで、事情があってフルタイムで働けないが優秀な営業を「時短正社員」として採用したり、育児と両立したいエンジニアために、一般的な就業時間とは異なった勤務体系を導入したりと、フレキシブルな働き方を模索し、仕組み化や制度化を検討しています。


「社内の英語化」と「グローバル人財の採用」

HDEは「IT技術を用いて世の中をより良くし、世界経済に貢献すること」を使命とし、常に最先端の技術を使うビジネスにこだわってきました。数年前からは、人々に新しい働き方を提供する「クラウドセキュリティサービス」をいち早くマーケットインさせたことで、国内シェアNO.1を獲得。さらにビジネスを加速させるため、事業のグローバル展開を進めています。

事業のグローバル展開を見据え、大きく分けて2つの取り組みを行なっています。それが「社内の英語化」と「グローバル人財の採用」です。
英語の必要性を強く感じたのは、「エンジニアが英語を使えなければ、マーケットで競争力を失う」という危機感からです。最先端の技術の理解や導入に、英語での情報交換は不可欠。そこで、社内英語化に大きく舵を切ったときに「ただやる。のではなく徹底的に面白くやろう!」と、オンライン英会話とビアバッシュを組み合わせ、社員に無料で提供したり、セブ島で4週間過ごす「セブ島流しプログラム」を組んだりと、会社をあげて社員の英語力向上を図ってきました。これは、創業当初からの「変化を楽しむDNA」が織り込まれている私たちならではの発想です。
グローバル採用に関しても、この社内英語化の動きによって「英語力があれば日本語能力は不要」という選考基準で採用を展開することとしました。
global

エージェントは使わず、自らアジア各国で採用を行ない、数多くの優秀な人財と出会いました。日本語不要にし、直接現地に出向き肌で感じることで、採用面でも、社内への英語化にも非常に高いアドバンテージがあると感じました。そしてこの採用を開始して約1年。社員の10%が日本国籍以外の人財となりました。異なる文化・背景を持つバラエティ豊かなメンバーが活躍するようになり、グローバル展開への成長スピードは今、ますます加速しています。

2016年9月末、「英語の社内公用語化」が決定しています。これもHDEにとっては非常に大きなチャレンジですが、必ず次の飛躍的な成長につながると信じています。なぜなら、私たちは常に自分たちの使命であるビジネスの本質にこだわり、自ら頭と手足を動かして新しい変化に対応し続け、この変革スピードの速いIT業界を生き抜いてきたからです。 自ら学びや変化を求め、それを楽しめる人。「道なきところに道をつくる」プロセスを面白いと思う人。かつ、グローバル人財を目指したい人。そのようなHDEのDNAにマッチする人財を、私たちは心からお待ちしております。





新しいワークスタイル


ワークスタイル変革


HDEでは、クラウドセキュリティソリューションHDE Oneを導入していただくことで、お客様にセキュアで新しい働き方を提供しています。また、最先端のITテクノロジーを活用することで、従来の働き方にとらわれないワークスタイル変革が実現できると考えています。

そして、このようなITテクノロジー活用における変革を加速させるには、製品を作りマーケットへ提供するだけでなく、他の誰でもない私たちが、率先してワークスタイル変革を体現化することで、世の中を変えていきたいと思っています。

例えば、ロケーションフリーで仕事をすること。
マネージャーが意図的に「週1日"会社に来ない日"」を作り、そこから見えてきた課題と打ち手を探ったり、高いプロフェッショナビリティを持つワーキングマザーには、「フルタイム在宅」と育児の両立にチャレンジしてもらったり。現場に協力や連携をしてもらいながら、日々、変革プロセスで発生する要素の検証をし、新しい働き方の在り方を模索しています。

例えば、時間にとらわれず仕事をすること。
ITツールを駆使し、「隙間時間」を活用すれば、時間に制約がある人財も十分に活躍できると考えています。そこで、事情があってフルタイムで働けないが優秀な営業を「時短正社員」として採用したり、育児と両立したいエンジニアために、一般的な就業時間とは異なった勤務体系を導入したりと、フレキシブルな働き方を模索し、仕組み化や制度化を検討しています。


「社内の英語化」と「グローバル人財の採用」

HDEは「IT技術を用いて世の中をより良くし、世界経済に貢献すること」を使命とし、常に最先端の技術を使うビジネスにこだわってきました。数年前からは、人々に新しい働き方を提供する「クラウドセキュリティサービス」をいち早くマーケットインさせたことで、国内シェアNO.1を獲得。さらにビジネスを加速させるため、事業のグローバル展開を進めています。

事業のグローバル展開を見据え、大きく分けて2つの取り組みを行なっています。それが「社内の英語化」と「グローバル人財の採用」です。
英語の必要性を強く感じたのは、「エンジニアが英語を使えなければ、マーケットで競争力を失う」という危機感からです。最先端の技術の理解や導入に、英語での情報交換は不可欠。そこで、社内英語化に大きく舵を切ったときに「ただやる。のではなく徹底的に面白くやろう!」と、オンライン英会話とビアバッシュを組み合わせ、社員に無料で提供したり、セブ島で4週間過ごす「セブ島流しプログラム」を組んだりと、会社をあげて社員の英語力向上を図ってきました。これは、創業当初からの「変化を楽しむDNA」が織り込まれている私たちならではの発想です。
グローバル採用に関しても、この社内英語化の動きによって「英語力があれば日本語能力は不要」という選考基準で採用を展開することとしました。
global

エージェントは使わず、自らアジア各国で採用を行ない、数多くの優秀な人財と出会いました。日本語不要にし、直接現地に出向き肌で感じることで、採用面でも、社内への英語化にも非常に高いアドバンテージがあると感じました。そしてこの採用を開始して約1年。社員の10%が日本国籍以外の人財となりました。異なる文化・背景を持つバラエティ豊かなメンバーが活躍するようになり、グローバル展開への成長スピードは今、ますます加速しています。

2016年9月末、「英語の社内公用語化」が決定しています。これもHDEにとっては非常に大きなチャレンジですが、必ず次の飛躍的な成長につながると信じています。なぜなら、私たちは常に自分たちの使命であるビジネスの本質にこだわり、自ら頭と手足を動かして新しい変化に対応し続け、この変革スピードの速いIT業界を生き抜いてきたからです。 自ら学びや変化を求め、それを楽しめる人。「道なきところに道をつくる」プロセスを面白いと思う人。かつ、グローバル人財を目指したい人。そのようなHDEのDNAにマッチする人財を、私たちは心からお待ちしております。