代表挨拶


ITで人々の暮らしを変える新たな価値を提供する会社であり続けたい

当社がクラウドビジネスに大きく舵を切ったのは、2011年の大震災が起こった直後。それまでは約15年間ずっとソフトウエア一筋でしたが、私自身、震災で会社のサーバーのラックなどが壊れるのを目の当たりにし、危機感を覚えました。

そのときに「今後はクラウドの世界に切り替わるだろう」と予測し、当時はまだ一般的ではなかったクラウドセキュリティをいち早く提供しようと思い立ったのです。文字通りゼロから始めた我々ですが、メールのクラウドセキュリティ分野においては、約3年で国内シェアNO.1にまで成長しました。

ogura_02.jpg
代表取締役社長兼CTO

小椋 一宏


最近はよく「10年後・20年後はどうしたいか」と聞かれますが、正直、あまり考えすぎないようにしています。なぜなら、IT業界では数年に1度、新しい技術ですべてがひっくり返るような革命が起こるからです。でも私は、それこそがこのIT業界の大きな魅力だと思っています。

実は今も、変革期の真っ只中。かつてPCが一人一台になった時代や、ノートPCが普及した時代に匹敵する、大きなうねりが起こっています。クラウドとモバイルのパワーによって、人々は会社に来なくても仕事や会議ができるようになりました。業界を問わず、様々な企業に『HDE One』を提供していますが、クラウドの導入によって社員の働き方が変わり、どの会社も以前より活き活きとしはじめています。

この先も、そうやってITで人々の暮らしを変える新たな価値を提供する会社であり続けたいですね。今、特に注目しているのは、クラウド化で遅れをとっているアジア圏。そこでもソリューションを提供し、日本発のITベンチャーとして世界に出たいと考えています。

もちろん、変化の激しい世界ですから、次に何が起こるかは私にも分かりません。新たな変化を良しとせず、過去の成功体験にしがみついて守りに入ると、すぐに淘汰されてしまうでしょう。

変化に対する強さと、それを楽しめる心

だからこそ、当社は「テクノロジーの解放」を理念に掲げ、ITで世の中がより良い方向に変わると信じ、常に新しい価値を提供する側になろうと変化を起こしてきました。「変化を恐れず、むしろ楽しむ」という精神を持ち続けてきたからこそ、今日まで生き残ってこられたのだと自負しています。

さて、HDEの次なる変化は、グローバル化です。最先端の技術を取り入れるにあたって「もはや英語ができなければ競争力を失う」と必要に迫られて決めたのですが、今はそれ以上の大きなメリットを感じています。社内に様々な文化のバックグラウンドを持った人材が増えたことで、多様性を受入れながら、自らを最適化させていく意識が高まり、会社全体の成長スピードが加速しているからです。

これから新しく迎え入れる方にも、変化に対する強さと、それを楽しめる心を持っていてほしいですね。新しいことを学ぶのが好きで、ITの可能性を信じている方、そして、一からグローバルマーケットを作りたいという方なら、きっと相思相愛になれると思います。

一緒に成長しながら、ITで世の中をより良くしていきましょう。





代表挨拶


ITで人々の暮らしを変える新たな価値を提供する会社であり続けたい

当社がクラウドビジネスに大きく舵を切ったのは、2011年の大震災が起こった直後。それまでは約15年間ずっとソフトウエア一筋でしたが、私自身、震災で会社のサーバーのラックなどが壊れるのを目の当たりにし、危機感を覚えました。

そのときに「今後はクラウドの世界に切り替わるだろう」と予測し、当時はまだ一般的ではなかったクラウドセキュリティをいち早く提供しようと思い立ったのです。文字通りゼロから始めた我々ですが、メールのクラウドセキュリティ分野においては、約3年で国内シェアNO.1にまで成長しました。

ogura_02.jpg
代表取締役社長兼CTO

小椋 一宏


最近はよく「10年後・20年後はどうしたいか」と聞かれますが、正直、あまり考えすぎないようにしています。なぜなら、IT業界では数年に1度、新しい技術ですべてがひっくり返るような革命が起こるからです。でも私は、それこそがこのIT業界の大きな魅力だと思っています。

実は今も、変革期の真っ只中。かつてPCが一人一台になった時代や、ノートPCが普及した時代に匹敵する、大きなうねりが起こっています。クラウドとモバイルのパワーによって、人々は会社に来なくても仕事や会議ができるようになりました。業界を問わず、様々な企業に『HDE One』を提供していますが、クラウドの導入によって社員の働き方が変わり、どの会社も以前より活き活きとしはじめています。

この先も、そうやってITで人々の暮らしを変える新たな価値を提供する会社であり続けたいですね。今、特に注目しているのは、クラウド化で遅れをとっているアジア圏。そこでもソリューションを提供し、日本発のITベンチャーとして世界に出たいと考えています。

もちろん、変化の激しい世界ですから、次に何が起こるかは私にも分かりません。新たな変化を良しとせず、過去の成功体験にしがみついて守りに入ると、すぐに淘汰されてしまうでしょう。

変化に対する強さと、それを楽しめる心

だからこそ、当社は「テクノロジーの解放」を理念に掲げ、ITで世の中がより良い方向に変わると信じ、常に新しい価値を提供する側になろうと変化を起こしてきました。「変化を恐れず、むしろ楽しむ」という精神を持ち続けてきたからこそ、今日まで生き残ってこられたのだと自負しています。

さて、HDEの次なる変化は、グローバル化です。最先端の技術を取り入れるにあたって「もはや英語ができなければ競争力を失う」と必要に迫られて決めたのですが、今はそれ以上の大きなメリットを感じています。社内に様々な文化のバックグラウンドを持った人材が増えたことで、多様性を受入れながら、自らを最適化させていく意識が高まり、会社全体の成長スピードが加速しているからです。

これから新しく迎え入れる方にも、変化に対する強さと、それを楽しめる心を持っていてほしいですね。新しいことを学ぶのが好きで、ITの可能性を信じている方、そして、一からグローバルマーケットを作りたいという方なら、きっと相思相愛になれると思います。

一緒に成長しながら、ITで世の中をより良くしていきましょう。