プレスリリース

Red Hat Enterprise Linux 6.3対応「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP」を 2013年1月7日より提供開始2012.12.21


2012年12月21日

株式会社HDE
**************************************************************************
Red Hat Enterprise Linux 6.3対応「HDE Secure Mail 3.2
for ZIP」を 2013年1月7日より提供開始
URL:http://www.hde.co.jp/hsm/zip/
**************************************************************************
株式会社HDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏、以下HDE)は、
Red Hat Enterprise Linux 6.3に対応したゲートウェイでメールの添付ファイルを
一括自動暗号化するソフトウェア「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP」を2013年1月7日
より提供開始することを発表します。

メールの添付ファイルに起因した情報漏洩事故が後を絶ちません。「HDE Secure
Mail for ZIP」はゲートウェイで添付ファイル付きメールをパスワード付きZIP
ファイル形式に自動的に変換して宛先に送信するソフトウェアです。

・サーバー側で暗号化するため、全ての添付ファイル付きメールを漏れなく暗号化
 することができる

・暗号には既に広く利用されているZIP暗号を使用しているため、メール受信者も
 簡単に復号することができる

・メール送信者がメールクライアントで暗号化しないため、ゲートウェイでの
 メールの閲覧やウイルスチェックが可能になる

などの特長を持ち、情報漏洩リスクを軽減することができます。

今回の最新バージョンでは、レッドハット株式会社の最新OSであるRed Hat
Enterprise Linux 6.3での動作検証を実施しました。仮想環境として
ヴイエムウェア株式会社のESXi5.0/5.1での検証も実施しています。さらにメール
受信環境として日本マイクロソフト株式会社のMicrosoft Windows 8、
Apple JapanのMac OS X Mountain Lion、管理画面としてInternet Explore10での
動作も確認しております。

■「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP」本体価格 (税込)
 「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP 100ユーザー」 840,000円 ~
  ※製品価格は利用するユーザー数により異なります。
※別途サポートサービスの加入は必須となります。

<株式会社HDEについて>
メール・セキュリティ分野の製品を包括的に開発・販売する、
メッセージング・ソリューション・カンパニー。

・商 号     : 株式会社HDE
・代表取締役社長 : 小椋 一宏
・URL      : http://www.hde.co.jp/

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社HDE サポート&サービス部 担当:山本 有哉
TEL:03-6415-3663



すべてのプレスリリース

プレスリリース

Red Hat Enterprise Linux 6.3対応「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP」を 2013年1月7日より提供開始2012.12.21


2012年12月21日

株式会社HDE
**************************************************************************
Red Hat Enterprise Linux 6.3対応「HDE Secure Mail 3.2
for ZIP」を 2013年1月7日より提供開始
URL:http://www.hde.co.jp/hsm/zip/
**************************************************************************
株式会社HDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏、以下HDE)は、
Red Hat Enterprise Linux 6.3に対応したゲートウェイでメールの添付ファイルを
一括自動暗号化するソフトウェア「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP」を2013年1月7日
より提供開始することを発表します。

メールの添付ファイルに起因した情報漏洩事故が後を絶ちません。「HDE Secure
Mail for ZIP」はゲートウェイで添付ファイル付きメールをパスワード付きZIP
ファイル形式に自動的に変換して宛先に送信するソフトウェアです。

・サーバー側で暗号化するため、全ての添付ファイル付きメールを漏れなく暗号化
 することができる

・暗号には既に広く利用されているZIP暗号を使用しているため、メール受信者も
 簡単に復号することができる

・メール送信者がメールクライアントで暗号化しないため、ゲートウェイでの
 メールの閲覧やウイルスチェックが可能になる

などの特長を持ち、情報漏洩リスクを軽減することができます。

今回の最新バージョンでは、レッドハット株式会社の最新OSであるRed Hat
Enterprise Linux 6.3での動作検証を実施しました。仮想環境として
ヴイエムウェア株式会社のESXi5.0/5.1での検証も実施しています。さらにメール
受信環境として日本マイクロソフト株式会社のMicrosoft Windows 8、
Apple JapanのMac OS X Mountain Lion、管理画面としてInternet Explore10での
動作も確認しております。

■「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP」本体価格 (税込)
 「HDE Secure Mail 3.2 for ZIP 100ユーザー」 840,000円 ~
  ※製品価格は利用するユーザー数により異なります。
※別途サポートサービスの加入は必須となります。

<株式会社HDEについて>
メール・セキュリティ分野の製品を包括的に開発・販売する、
メッセージング・ソリューション・カンパニー。

・商 号     : 株式会社HDE
・代表取締役社長 : 小椋 一宏
・URL      : http://www.hde.co.jp/

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社HDE サポート&サービス部 担当:山本 有哉
TEL:03-6415-3663



すべてのプレスリリース