プレスリリース

Red Hat Enterprise Linux 6.2、CentOS 6.2に対応したLinuxサーバー管理ソフトウェア「HDE Controller X ISP」を発表2012.01.25


報道関係者各位

2012年1月25日

株式会社HDE
**************************************************************************
Red Hat Enterprise Linux 6.2、CentOS 6.2に対応したLinuxサーバー管理ソフト
ウェア「HDE Controller X ISP」を発表
http://www.hde.co.jp/controller/
**************************************************************************
株式会社HDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏、以下HDE)は、
Red Hat Enterprise Linux 6.2、CentOS 6.2に対応したLinuxサーバー管理ソフト
ウェア「HDE Controller X ISP」を2012年1月31日より販売を開始することを発表
します。

「HDE Controller」はWebやメール、DNS、メーリングリスト、アカウント管理な
どの各種サーバー管理に対応したWebベースのサーバー管理ソフトウェアです。
サービスやリソース、ログの監視、異常検知時メール通知/スクリプト実行、OSの
アップデート機能なども搭載します。

これらの機能を全てWebブラウザ上から、わかりやすいGUIを使用して操作ができ
るため、システム管理者が「Linuxのコマンドやエディタの使い方を覚えてコン
ソールから入力、設定を変更する」という作業が不要となります。

今回リリースする「HDE Controller X ISP」は、1台のサーバーマシンで複数の
ドメインを運用可能にするバーチャルドメイン機能を有し、最大300ドメイン
まで管理することができるホスティング事業者に最適化されたエディションです。


■「HDE Controller X ISP」主な新機能:

・最新のディストリビューションへの対応
 最新ディストリビューションであるRed Hat Enterprise Linux 6.2(x86_64)、
CentOS 6.2(x86_64)に対応しました。

・仮想化ソフトウェアVMwareの最新版への対応
 高まる仮想化のニーズに合わせてVMware ESXi 5に対応しました。

・IPv4とIPv6のデュアルスタック環境に対応
 現在の主要なインターネットプロトコルであるIPv4はグローバルアドレスの
枯渇を目前に控えており、企業は、よりアドレス空間の広いIPv6への移行が必要
です。「HDE Controller X ISP」はIPv4とIPv6のデュアルスタック環境に対応します。
 ※バーチャルドメインはIPv6ベースドメインに対応していません。


■「HDE Controller X ISP」価格:

 HDE Controller X ISP(サポート1年付)152,250円(税込)


■対応ディストリビューション:
Red Hat Enterprise Linux 6.2(x86_64)
CentOS 6.2(x86_64)


■「HDE Controller X ISP」機能一覧:
HDE Controllerの機能一覧に関しましては、弊社Webページをご参照ください。
http://www.hde-controller.com/

 
<株式会社HDEについて>
メール・セキュリティ分野の製品を包括的に開発・販売する、
メッセージング・ソリューション・カンパニー。

・商 号     : 株式会社HDE
・代表取締役社長 : 小椋 一宏
・URL      : http://www.hde.co.jp/

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社HDE サポート&サービス部 担当:山本 有哉
TEL:03-6415-3663



すべてのプレスリリース

プレスリリース

Red Hat Enterprise Linux 6.2、CentOS 6.2に対応したLinuxサーバー管理ソフトウェア「HDE Controller X ISP」を発表2012.01.25


報道関係者各位

2012年1月25日

株式会社HDE
**************************************************************************
Red Hat Enterprise Linux 6.2、CentOS 6.2に対応したLinuxサーバー管理ソフト
ウェア「HDE Controller X ISP」を発表
http://www.hde.co.jp/controller/
**************************************************************************
株式会社HDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏、以下HDE)は、
Red Hat Enterprise Linux 6.2、CentOS 6.2に対応したLinuxサーバー管理ソフト
ウェア「HDE Controller X ISP」を2012年1月31日より販売を開始することを発表
します。

「HDE Controller」はWebやメール、DNS、メーリングリスト、アカウント管理な
どの各種サーバー管理に対応したWebベースのサーバー管理ソフトウェアです。
サービスやリソース、ログの監視、異常検知時メール通知/スクリプト実行、OSの
アップデート機能なども搭載します。

これらの機能を全てWebブラウザ上から、わかりやすいGUIを使用して操作ができ
るため、システム管理者が「Linuxのコマンドやエディタの使い方を覚えてコン
ソールから入力、設定を変更する」という作業が不要となります。

今回リリースする「HDE Controller X ISP」は、1台のサーバーマシンで複数の
ドメインを運用可能にするバーチャルドメイン機能を有し、最大300ドメイン
まで管理することができるホスティング事業者に最適化されたエディションです。


■「HDE Controller X ISP」主な新機能:

・最新のディストリビューションへの対応
 最新ディストリビューションであるRed Hat Enterprise Linux 6.2(x86_64)、
CentOS 6.2(x86_64)に対応しました。

・仮想化ソフトウェアVMwareの最新版への対応
 高まる仮想化のニーズに合わせてVMware ESXi 5に対応しました。

・IPv4とIPv6のデュアルスタック環境に対応
 現在の主要なインターネットプロトコルであるIPv4はグローバルアドレスの
枯渇を目前に控えており、企業は、よりアドレス空間の広いIPv6への移行が必要
です。「HDE Controller X ISP」はIPv4とIPv6のデュアルスタック環境に対応します。
 ※バーチャルドメインはIPv6ベースドメインに対応していません。


■「HDE Controller X ISP」価格:

 HDE Controller X ISP(サポート1年付)152,250円(税込)


■対応ディストリビューション:
Red Hat Enterprise Linux 6.2(x86_64)
CentOS 6.2(x86_64)


■「HDE Controller X ISP」機能一覧:
HDE Controllerの機能一覧に関しましては、弊社Webページをご参照ください。
http://www.hde-controller.com/

 
<株式会社HDEについて>
メール・セキュリティ分野の製品を包括的に開発・販売する、
メッセージング・ソリューション・カンパニー。

・商 号     : 株式会社HDE
・代表取締役社長 : 小椋 一宏
・URL      : http://www.hde.co.jp/

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社HDE サポート&サービス部 担当:山本 有哉
TEL:03-6415-3663



すべてのプレスリリース