プレスリリース

システム統合・メールセキュリティに対応した高性能メール配信ソフトウェア「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」を2013年10月7日より提供開始2013.10.02


報道関係者各位
2013年10月2日

株式会社HDE
**************************************************************************
システム統合・メールセキュリティに対応した高性能メール配信
ソフトウェア「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」を
2013年10月7日より提供開始
http://www.hde.co.jp/masd/
**************************************************************************
株式会社HDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋一宏)は、
システム統合・メールセキュリティに対応した高性能メール配信ソフト
ウェア「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」を2013年10月7日
より提供開始することを発表します。

「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」は、企業が必要とする
メール作成および配信に関するさまざまな機能を有する、高性能なメール
配信ソフトウェアです。

近年、企業において部門最適で導入したパッケージ製品、または、メール
配信ASPサービスの利用により、社内で複数のメール配信システムを運用
した結果、下記の課題が顕在化しています。

■メールシステムの課題
・メールアドレスリストをユーザ部門が CSVファイルなどで管理
しており、情報漏えいリスクが高い。

・複数のメール配信システムが存在するため、いつ、誰が、どの
ようなメールを配信しているのか情報システム部門が管理できない。

・電子署名付きメール(S/MIME)・送信ドメイン認証(DKIM)などの
設定・管理が一元的にできない。

・複数のメール配信システムを利用する事で、パッケージ製品の保守
費用やメール配信ASPのサービスの利用料などコスト増を招いている。

「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」は上記の課題を解決し、企業に
おけるアウトバウンドメールのシステム統合・内部統制に最適なソリューション
を提供いたします。

■特長
・システム連携
各種機能を APIで提供する事により、防災・防犯などの公共システム、オンライン
バンキングなど、既存システムとシームレスに連携できるため、短期間・低コスト
で企業に必要な高性能なメール配信システムを構築することができます。また、
連携機能を利用する事により人為的なミスも軽減させる事ができます。

・管理インターフェース
部門別、ユーザー別の権限設定が可能です。メールアドレスの閲覧可否、リスト
ダウンロード可否などの制御もアカウント単位で行えます。PCIDSSに対応した
ログイン認証によりセキュアなシステムアクセスも可能になります。

・操作ログ
システム管理者は操作ログにより、いつ、誰が、どのような操作を行ったかを
把握することができます。

・メールアーカイブ
配信したメールは、メールアーカイブ機能により保存、検索・参照することが
できます。検索したメールの「再送」「転送」にも対応します。

・メール証明書
証明書(S/MIME)・鍵ペア(DKIM)などのリソース、および、「差出人アドレス」
をシステム管理者が一元的に管理・運用することができます。

■本体価格(税込) 5,250,000円~

■動作環境
Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.9 Server for Intel x86 / Intel EM64T(*)
Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.4 Server for Intel x86 / Intel EM64T
*) Advanced Platform を含む


<株式会社HDEについて>
クラウド・セキュリティ分野の製品を包括的に開発・販売するクラウド
セキュリティソリューションカンパニー。

・商号:株式会社HDE
・代表取締役社長:小椋一宏
・URL:http://www.hde.co.jp

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

<本リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社HDE ソリューション推進部 担当:福田誠
Tel:03-6415-3664



すべてのプレスリリース

プレスリリース

システム統合・メールセキュリティに対応した高性能メール配信ソフトウェア「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」を2013年10月7日より提供開始2013.10.02


報道関係者各位
2013年10月2日

株式会社HDE
**************************************************************************
システム統合・メールセキュリティに対応した高性能メール配信
ソフトウェア「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」を
2013年10月7日より提供開始
http://www.hde.co.jp/masd/
**************************************************************************
株式会社HDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋一宏)は、
システム統合・メールセキュリティに対応した高性能メール配信ソフト
ウェア「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」を2013年10月7日
より提供開始することを発表します。

「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」は、企業が必要とする
メール作成および配信に関するさまざまな機能を有する、高性能なメール
配信ソフトウェアです。

近年、企業において部門最適で導入したパッケージ製品、または、メール
配信ASPサービスの利用により、社内で複数のメール配信システムを運用
した結果、下記の課題が顕在化しています。

■メールシステムの課題
・メールアドレスリストをユーザ部門が CSVファイルなどで管理
しており、情報漏えいリスクが高い。

・複数のメール配信システムが存在するため、いつ、誰が、どの
ようなメールを配信しているのか情報システム部門が管理できない。

・電子署名付きメール(S/MIME)・送信ドメイン認証(DKIM)などの
設定・管理が一元的にできない。

・複数のメール配信システムを利用する事で、パッケージ製品の保守
費用やメール配信ASPのサービスの利用料などコスト増を招いている。

「HDE Mail Application Server #Delivery 4.1」は上記の課題を解決し、企業に
おけるアウトバウンドメールのシステム統合・内部統制に最適なソリューション
を提供いたします。

■特長
・システム連携
各種機能を APIで提供する事により、防災・防犯などの公共システム、オンライン
バンキングなど、既存システムとシームレスに連携できるため、短期間・低コスト
で企業に必要な高性能なメール配信システムを構築することができます。また、
連携機能を利用する事により人為的なミスも軽減させる事ができます。

・管理インターフェース
部門別、ユーザー別の権限設定が可能です。メールアドレスの閲覧可否、リスト
ダウンロード可否などの制御もアカウント単位で行えます。PCIDSSに対応した
ログイン認証によりセキュアなシステムアクセスも可能になります。

・操作ログ
システム管理者は操作ログにより、いつ、誰が、どのような操作を行ったかを
把握することができます。

・メールアーカイブ
配信したメールは、メールアーカイブ機能により保存、検索・参照することが
できます。検索したメールの「再送」「転送」にも対応します。

・メール証明書
証明書(S/MIME)・鍵ペア(DKIM)などのリソース、および、「差出人アドレス」
をシステム管理者が一元的に管理・運用することができます。

■本体価格(税込) 5,250,000円~

■動作環境
Red Hat Enterprise Linux 5.5~5.9 Server for Intel x86 / Intel EM64T(*)
Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.4 Server for Intel x86 / Intel EM64T
*) Advanced Platform を含む


<株式会社HDEについて>
クラウド・セキュリティ分野の製品を包括的に開発・販売するクラウド
セキュリティソリューションカンパニー。

・商号:株式会社HDE
・代表取締役社長:小椋一宏
・URL:http://www.hde.co.jp

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

<本リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社HDE ソリューション推進部 担当:福田誠
Tel:03-6415-3664



すべてのプレスリリース