HDE Mobile MTA

携帯メール配信システムHDE Mobile MTA とは安心確実にメールを届ける為に

携帯メール配信システムHDE Mobile MTAは、携帯電話キャリア向けに特化した、高速メール配信サーバーです。
携帯電話キャリアの受信ブロックを回避し、確実なメール配信を行いたいお客様、大量なメールを携帯向けにスムーズに配信したいお客様に最適な製品です。
SMTP通信でメールをリレーいたしますので、既存のメール配信システムのインターネット側に設置するだけで、簡単に導入することができます。
mmta-net

携帯メール配信を自社で対応するのは困難です

理由1

既存のMTAでは配信制限に対応出来ない

携帯電話キャリアやISPの配信制限に対応し、正確に配信するためには、高性能のMTAが必要です。

理由2

正確な配信の実現には日々の配信経験が必要

携帯電話キャリアやISPの配信制限については大まかにしか公開されておらず、正確な配信を実現するためには、日々の配信の検証が必要です。

理由3

各携帯電話キャリアの制限動向の監視が必須

携帯電話キャリアやISPの配信制限は日々変更されています。予告無く変更されることがあるため、常に最新情報や配信可否の動向を追い続けなくてはなりません。

sitayajirusi

HDE Mobile MTA」を導入することにより

携帯電話キャリアやISPなどの配信ブロックを回避しながら、大量にメールを配信することができます。
またHDEがこれまで培って来た配信ノウハウや、メール専業者だからこそ知りうる最新情報なども、お客様にフィードバックすることができます。

携帯メール配信は、なぜ難しい?

携帯電話キャリアや特定のISPでは、SPAMメールなどの迷惑メールに対して、様々な対策を実施しています。


 ●時間当たり一定数以上のメールを送信者の拒否
 ●メールサーバーに対して大量のSMTPアクセスを行う送信者の拒否
 ●あて先不明などエラーメールを大量に送る送信者の拒否
 ●etc… sitayajirusi

携帯電話キャリアや大手ISPによる大量メール配信業者対策は、年々強固になっており、簡単に大量メールを送ることはできません。

携帯電話キャリア側では、サーバの負荷を減らすため、メール内容に係わらず、大量配信に対してさまざまな防止対策を施しています。
muzukasi

各携帯電話キャリアが公開する送信の注意事項

携帯電話キャリアが公開している送信の注意事項(一部抜粋)
  docomo   au   SoftBank
   →詳細はこちら    →詳細はこちら    →詳細はこちら
大量の宛先不明を含むメールは送信しないでください   一部のエリアに対してメールを多量に送信する場合は、できる限り時間をかけてゆっくりと送信してください   大量のメール送信数を制限(MMS:24時間以内に500件以上のあて先に送信した場合、その後24時間規制)
適正なSMTPセッション数で送信ください 既に使われていないメールアドレスに送信しない為に、定期的なアドレスリストの更新をおこなってください 配信先アドレスのクリーニング
1通のメールで可能な同報数の上限にご注意ください(1SMTPセッションあたり100宛先まで) 同時に多数、もしくは長時間SMTPセッションを占有して送信する行為 時間をかけて送信を行うこと
存在しないFromアドレス・ドメインからメールを送信する行為Aレコード、MXレコードが存在しないもの フロムヘッダが空白のものは受信を拒否します。Message IDヘッダが空白のものは受信を拒否します。
エラーメールを正常 (通常数秒以内) に受け取れない設備からメールを送信する行為 1メッセージのサイズが1Mbyteを超過したものは受信を拒否します。
短時間に著しく大量のメールを送信する行為 送信アドレスの並びを分散させる
※2009年6月10日現在



携帯メール配信システムHDE Mobile MTA とは安心確実にメールを届ける為に

携帯メール配信システムHDE Mobile MTAは、携帯電話キャリア向けに特化した、高速メール配信サーバーです。
携帯電話キャリアの受信ブロックを回避し、確実なメール配信を行いたいお客様、大量なメールを携帯向けにスムーズに配信したいお客様に最適な製品です。
SMTP通信でメールをリレーいたしますので、既存のメール配信システムのインターネット側に設置するだけで、簡単に導入することができます。
mmta-net

携帯メール配信を自社で対応するのは困難です

理由1

既存のMTAでは配信制限に対応出来ない

携帯電話キャリアやISPの配信制限に対応し、正確に配信するためには、高性能のMTAが必要です。

理由2

正確な配信の実現には日々の配信経験が必要

携帯電話キャリアやISPの配信制限については大まかにしか公開されておらず、正確な配信を実現するためには、日々の配信の検証が必要です。

理由3

各携帯電話キャリアの制限動向の監視が必須

携帯電話キャリアやISPの配信制限は日々変更されています。予告無く変更されることがあるため、常に最新情報や配信可否の動向を追い続けなくてはなりません。

sitayajirusi

HDE Mobile MTA」を導入することにより

携帯電話キャリアやISPなどの配信ブロックを回避しながら、大量にメールを配信することができます。
またHDEがこれまで培って来た配信ノウハウや、メール専業者だからこそ知りうる最新情報なども、お客様にフィードバックすることができます。



携帯メール配信は、なぜ難しい?

携帯電話キャリアや特定のISPでは、SPAMメールなどの迷惑メールに対して、様々な対策を実施しています。


●時間当たり一定数以上のメールを送信者の拒否
●メールサーバーに対して大量のSMTPアクセスを行う送信者の拒否
●あて先不明などエラーメールを大量に送る送信者の拒否
●etc… sitayajirusi

携帯電話キャリアや大手ISPによる大量メール配信業者対策は、年々強固になっており、簡単に大量メールを送ることはできません。

携帯電話キャリア側では、サーバの負荷を減らすため、メール内容に係わらず、大量配信に対してさまざまな防止対策を施しています。
muzukasi

各携帯電話キャリアが公開する送信の注意事項

携帯電話キャリアが公開している送信の注意事項(一部抜粋)
docomo au SoftBank
 →詳細はこちら  →詳細はこちら  →詳細はこちら
大量の宛先不明を含むメールは送信しないでください 一部のエリアに対してメールを多量に送信する場合は、できる限り時間をかけてゆっくりと送信してください 大量のメール送信数を制限(MMS:24時間以内に500件以上のあて先に送信した場合、その後24時間規制)
適正なSMTPセッション数で送信ください 既に使われていないメールアドレスに送信しない為に、定期的なアドレスリストの更新をおこなってください 配信先アドレスのクリーニング
1通のメールで可能な同報数の上限にご注意ください(1SMTPセッションあたり100宛先まで) 同時に多数、もしくは長時間SMTPセッションを占有して送信する行為 時間をかけて送信を行うこと
存在しないFromアドレス・ドメインからメールを送信する行為Aレコード、MXレコードが存在しないもの フロムヘッダが空白のものは受信を拒否します。Message IDヘッダが空白のものは受信を拒否します。
エラーメールを正常 (通常数秒以内) に受け取れない設備からメールを送信する行為 1メッセージのサイズが1Mbyteを超過したものは受信を拒否します。
短時間に著しく大量のメールを送信する行為 送信アドレスの並びを分散させる
※2009年6月10日現在



TOP