hsm-top.png

HDE Secure Mail for ZIPとは

HDE Secure Mail for ZIPは、添付ファイル付きメールをゲートウェイでパスワード付きZIPファイル形式に一括で自動変換するソフトウェアです。下記のような特長を持ちます。

1.サーバー側で暗号化するため、全ての添付ファイル付きメールを漏れなく暗号化することができる

2.暗号には既に広く利用されているZIP暗号を使用しているため、メール受信者も簡単に復号することができる

3.メール送信者がメールクライアントで暗号化しないため、ゲートウェイでのメールの閲覧やウィルスチェックが可能になる

HDE Secure Mail for ZIP は添付ファイルの暗号/復号鍵(パスワード)を、固定か、メールごとにランダムに生成するか選択が可能です。固定パスワードは全体で共通のものを使う方法のほか、「送信者ごと」「受信者ごと」「送信者と受信者の組み合わせごと」でも定義できます。メールごとにパスワードをランダムに生成する場合は「HDE Secure Mail for ZIP」は送信者や受信者などのアドレスあてにメールでパスワードを通知します。セキュリティを高めたい場合は、送信者がパスワードを受け取り、受信者に対して電話/FAXで伝えるといった運用ができます。

net-1.jpg

以下のような課題をお持ちのお客様に最適

ユーザーを煩わせることのない暗号化システムを導入したい

ゲートウェイで自動的に暗号化しますので、送信者が手動で暗号化するクライアント導入型と比較して、漏れがなく、確実に情報を保護することが可能です。メール送信を安全に行えるだけでなく、業務の効率化を図ることもできます。

メ-ル受信者に復号のための製品の導入をお願いするのは難しい

パスワード付きZIPファイル形式はWindows XP/Vistaなどの主要OSが標準で対応しており、受信者側がクライアントに特別なソフトウェアをインストールする必要がありません。受信者は送られたパスワードを入力するだけで復号できるので、お客様に送るメールが多くても導入への壁を感じることはありません。

HDE Secure Mail for ZIPの特長

メールゲートウェイで一括処理

各個人に添付ファイルの暗号化を任せておくと漏れが出てきます。サーバー側で暗号化処理を一括で行ないます。=

添付ファイルをパスワード付きZIPファイル形式に自動変換

添付ファイル付きメールをパスワード付きZIPファイル形式に自動変換します。 ランダムパスワードと固定パスワードの使い分けが可能 メール一通一通にランダムパスワードを作成します。そのランダムパスワードを利用して暗号化処理を行ないます。共通のパスワードを利用する運用フローにも対応しています。

復号パスワードを受信者へ通知するかどうか選択可能

復号のためのパスワードをメールで受信者へ通知するかどうか選択して利用できます。

暗号化ZIPファイルの拡張子が変更可能

ZIPファイルの拡張子を「.zip」から「.zi_」等へ変更できますので、メール受信者にZIPファイルの受信制限がある場合にも対応が可能です。

ZIP暗号化しないファイルの種類を指定可能

ZIP暗号化したくないファイルがある場合に、該当ファイルの拡張子を登録することで、ZIP暗号化の対象から除外することができます。

複数の添付ファイルをひとつにまとめて暗号化

複数の添付ファイルがあった場合に、一つのZIP暗号化ファイルにまとめるか、個々のZIP暗号化ファイルにするか、選択することが可能になりました。

HDE Secure Mail for ZIP 設定例

「HDE Secure Mail for ZIP」は、簡単な設定作業で添付ファイル付きメールをゲートウェイでパスワード付きZIPファイル形式に一括で自動変換します。設定例はこちらから。

hsm-top.png

HDE Secure Mail for ZIPとは

HDE Secure Mail for ZIPは、添付ファイル付きメールをゲートウェイでパスワード付きZIPファイル形式に一括で自動変換するソフトウェアです。下記のような特長を持ちます。

HDE Secure Mail for ZIP は添付ファイルの暗号/復号鍵(パスワード)を、固定か、メールごとにランダムに生成するか選択が可能です。固定パスワードは全体で共通のものを使う方法のほか、「送信者ごと」「受信者ごと」「送信者と受信者の組み合わせごと」でも定義できます。メールごとにパスワードをランダムに生成する場合は「HDE Secure Mail for ZIP」は送信者や受信者などのアドレスあてにメールでパスワードを通知します。セキュリティを高めたい場合は、送信者がパスワードを受け取り、受信者に対して電話/FAXで伝えるといった運用ができます。

net-1.jpg

以下のような課題をお持ちのお客様に最適

ユーザーを煩わせることのない暗号化システムを導入したい

ゲートウェイで自動的に暗号化しますので、送信者が手動で暗号化するクライアント導入型と比較して、漏れがなく、確実に情報を保護することが可能です。メール送信を安全に行えるだけでなく、業務の効率化を図ることもできます。

メ-ル受信者に復号のための製品の導入をお願いするのは難しい

パスワード付きZIPファイル形式はWindows XP/Vistaなどの主要OSが標準で対応しており、受信者側がクライアントに特別なソフトウェアをインストールする必要がありません。受信者は送られたパスワードを入力するだけで復号できるので、お客様に送るメールが多くても導入への壁を感じることはありません。

HDE Secure Mail for ZIPの特長

メールゲートウェイで一括処理

各個人に添付ファイルの暗号化を任せておくと漏れが出てきます。サーバー側で暗号化処理を一括で行ないます。=

添付ファイルをパスワード付きZIPファイル形式に自動変換

添付ファイル付きメールをパスワード付きZIPファイル形式に自動変換します。 ランダムパスワードと固定パスワードの使い分けが可能 メール一通一通にランダムパスワードを作成します。そのランダムパスワードを利用して暗号化処理を行ないます。共通のパスワードを利用する運用フローにも対応しています。

復号パスワードを受信者へ通知するかどうか選択可能

復号のためのパスワードをメールで受信者へ通知するかどうか選択して利用できます。

暗号化ZIPファイルの拡張子が変更可能

ZIPファイルの拡張子を「.zip」から「.zi_」等へ変更できますので、メール受信者にZIPファイルの受信制限がある場合にも対応が可能です。

ZIP暗号化しないファイルの種類を指定可能

ZIP暗号化したくないファイルがある場合に、該当ファイルの拡張子を登録することで、ZIP暗号化の対象から除外することができます。

複数の添付ファイルをひとつにまとめて暗号化

複数の添付ファイルがあった場合に、一つのZIP暗号化ファイルにまとめるか、個々のZIP暗号化ファイルにするか、選択することが可能になりました。

HDE Secure Mail for ZIP 設定例

「HDE Secure Mail for ZIP」は、簡単な設定作業で添付ファイル付きメールをゲートウェイでパスワード付きZIPファイル形式に一括で自動変換します。設定例はこちらから。

TOP