top.png


img01.png

IT環境の"安全と生産性の両立"を実践するため、Office 365のセキュリティ対策としてHDE Oneを導入しました。


導入企業:エムオーテックス株式会社 様

ネットワークセキュリティのリーディングカンパニー


-- エムオーテックスについてご紹介ください。

エムオーテックスはネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策製品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行なっている従業員数、約200名のメーカーです。 1990年代半ばから提供を続けているコアプロダクトLanScope Catは、富士キメラ総研調査の「端末管理・セキュリティツール市場IT資産/PC構成管理ソフトウェア部門」において12年連続トップシェアを獲得しています。 2016年には米国Cylance社のAlエンジンを搭載し、マルウェアの検知・隔離や流入経路を追跡して、セキュリティインシデントの再発を防ぐための「プロテクトキャットPowered by Cylance」をリリースするなど、 "Secure Productivity"というビジョンのもと、独自の製品やサービスを開発しています。

-- HDE Oneを導入した経緯を教えてください。

「Microsoft Office 365」のセキュリティ対策のためにHDE Oneを導入しました。導入の経緯ということなので前提となる取り組みから説明をさせてください。 約3年前のこととなりますが、社内のネットワークインフラやサーバーセキュリティなどに関して抜本的な見直しを行い、インフラの再構築や移行、刷新への取り組みを開始しました。

その主な目的は、次の三つとなります。


現在、まだ仕掛かり中の事項もありますが、このような方針に従いメールサービスに関しては、Office 365を導入しました。

Office 365の標準機能だけでは 難しい利便性と安全性の両立



img03.png

--HDE Oneを導入した目的を教えてください。

Office 365やExchange Onlineの標準機能だけでは実現が難しいセキュリティ対策がいくつかありました。その中で最も重要視したのは、 Office 365の利用を社内ネットワークから、もしくは会社で管理しているデバイスからのアクセスのみに制限する仕組みです。 Office 365のようなクラウドのメリットは、いつでも、どこでも、インターネットに接続できれば利用できることです。しかし、セキュリティという観点から見れば自宅の私用PCなど許可されていないデバイスからのアクセスができるようだと、情報漏えいや、なりすましなどの不正アクセスのリスクが高まります。そのため、利便性と安全性を両立するためには、アクセスセキュリティの機能は必須でした。 また、SSOによる利便性の向上もHDE Oneの導入目的の一つとなります。サービスやシステムごとに複数のIDやパスワードを併用すると、利用者に負担となりますし、パスワードポシリーの徹底も難しくなります。パスワード忘れなどに対するヘルプデスク業務への負荷なども増加するので、SSOの実現も必須でした。

充実した複数の機能が一つのサービスとして利用できるHDE Oneを採用


--HDE Oneの導入を決めた理由を教えてください。

メールシステムがクラウドにもかかわらず、関連サービスがオンプレミス環境で運用するのは本末転倒と考えクラウドを前提に導入するサービスを検討しました。

HDE Oneを選定の主なポイントは次の通りです。



確実かつ自動的に必要なセキュリティ対策を実現 


--HDE Oneの導入効果について教えてください。

システムを管理する私たちにとっては運用保守の負荷がかからず利用できていること、またシステムを利用するユーザーにも負荷をかけず確実かつ自動的に必要なセキュリティ対策が実現できたことは大きな導入効果だと捉えています。 細かいところでは、たとえば送信遅延機能に関して、約1年間の運用で実際にメール送信を取り消した件数は約500件ありました。このすべてが情報漏えいにつながるような事案だとは思いませんが、ヒヤリハット的なものも含めこれだけのトラブルを回避できたことも1つの成果だと考えています。また、オンラインストレージ機能に関しては、自動でファイルが削除されたり、ダウンロードされた日時や回数が簡単に確認できたりと、以前利用していたものと比べてとても便利になりました。

img04.png

-- 最後にHDEへの評価・期待があればお聞かせください

サポート対応が迅速かつ丁寧で、Office 365にも詳しいので、検討段階から安心して導入作業を進めることができました。 また、Azure AD Connectの導入に関しての質問をしたときにも、影響の範囲やアドバイスなどももらえたので助かりました。クラウドの場合は、複数のベンダーのサービスを組み合わせて利用することも多く、サポートの隙間が発生してしまうことも少なくないのですが、HDEのように技術的なスキルや経験が豊富なベンダーがいてくれると安心です。



top.png


img01.png

IT環境の"安全と生産性の両立"を実践するため、Office 365のセキュリティ対策としてHDE Oneを導入しました。


導入企業:エムオーテックス株式会社 様

ネットワークセキュリティのリーディングカンパニー


-- エムオーテックスについてご紹介ください。

エムオーテックスはネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策製品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行なっている従業員数、約200名のメーカーです。 1990年代半ばから提供を続けているコアプロダクトLanScope Catは、富士キメラ総研調査の「端末管理・セキュリティツール市場IT資産/PC構成管理ソフトウェア部門」において12年連続トップシェアを獲得しています。 2016年には米国Cylance社のAlエンジンを搭載し、マルウェアの検知・隔離や流入経路を追跡して、セキュリティインシデントの再発を防ぐための「プロテクトキャットPowered by Cylance」をリリースするなど、 "Secure Productivity"というビジョンのもと、独自の製品やサービスを開発しています。

-- HDE Oneを導入した経緯を教えてください。

「Microsoft Office 365」のセキュリティ対策のためにHDE Oneを導入しました。導入の経緯ということなので前提となる取り組みから説明をさせてください。 約3年前のこととなりますが、社内のネットワークインフラやサーバーセキュリティなどに関して抜本的な見直しを行い、インフラの再構築や移行、刷新への取り組みを開始しました。

その主な目的は、次の三つとなります。


現在、まだ仕掛かり中の事項もありますが、このような方針に従いメールサービスに関しては、Office 365を導入しました。

Office 365の標準機能だけでは 難しい利便性と安全性の両立



img03.png

--HDE Oneを導入した目的を教えてください。

Office 365やExchange Onlineの標準機能だけでは実現が難しいセキュリティ対策がいくつかありました。その中で最も重要視したのは、 Office 365の利用を社内ネットワークから、もしくは会社で管理しているデバイスからのアクセスのみに制限する仕組みです。 Office 365のようなクラウドのメリットは、いつでも、どこでも、インターネットに接続できれば利用できることです。しかし、セキュリティという観点から見れば自宅の私用PCなど許可されていないデバイスからのアクセスができるようだと、情報漏えいや、なりすましなどの不正アクセスのリスクが高まります。そのため、利便性と安全性を両立するためには、アクセスセキュリティの機能は必須でした。 また、SSOによる利便性の向上もHDE Oneの導入目的の一つとなります。サービスやシステムごとに複数のIDやパスワードを併用すると、利用者に負担となりますし、パスワードポシリーの徹底も難しくなります。パスワード忘れなどに対するヘルプデスク業務への負荷なども増加するので、SSOの実現も必須でした。

充実した複数の機能が一つのサービスとして利用できるHDE Oneを採用


--HDE Oneの導入を決めた理由を教えてください。

メールシステムがクラウドにもかかわらず、関連サービスがオンプレミス環境で運用するのは本末転倒と考えクラウドを前提に導入するサービスを検討しました。

HDE Oneを選定の主なポイントは次の通りです。



確実かつ自動的に必要なセキュリティ対策を実現 


--HDE Oneの導入効果について教えてください。

システムを管理する私たちにとっては運用保守の負荷がかからず利用できていること、またシステムを利用するユーザーにも負荷をかけず確実かつ自動的に必要なセキュリティ対策が実現できたことは大きな導入効果だと捉えています。 細かいところでは、たとえば送信遅延機能に関して、約1年間の運用で実際にメール送信を取り消した件数は約500件ありました。このすべてが情報漏えいにつながるような事案だとは思いませんが、ヒヤリハット的なものも含めこれだけのトラブルを回避できたことも1つの成果だと考えています。また、オンラインストレージ機能に関しては、自動でファイルが削除されたり、ダウンロードされた日時や回数が簡単に確認できたりと、以前利用していたものと比べてとても便利になりました。

img04.png

-- 最後にHDEへの評価・期待があればお聞かせください

サポート対応が迅速かつ丁寧で、Office 365にも詳しいので、検討段階から安心して導入作業を進めることができました。 また、Azure AD Connectの導入に関しての質問をしたときにも、影響の範囲やアドバイスなどももらえたので助かりました。クラウドの場合は、複数のベンダーのサービスを組み合わせて利用することも多く、サポートの隙間が発生してしまうことも少なくないのですが、HDEのように技術的なスキルや経験が豊富なベンダーがいてくれると安心です。